NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

障害しょうがいがあるひとおとなどで危険きけんらせる「つえ」

障害しょうがいがあるひとえきのホームからちたり、電車でんしゃからだれたりする事故じこ毎年まいとしあります。

事故じこをなくすため、障害しょうがいがあるひとあるくときにつ「しろいつえ」で危険きけんらせるあたらしいシステムができました。

このシステムでは、無線むせん情報じょうほうつたえるちいさな「電子でんしタグ」を使つかいます。この電子でんしタグを、えきのホームの危険きけんところ電車でんしゃけます。つえをったひと電子でんしタグのちかくにくと、つえがこまかくれます。機械きかいこえでも危険きけんらせます。

つくった会社かいしゃは、3ねん以内いないえきでこのシステムを使つかうことができるようにしたいとかんがえています。会社かいしゃひとは「電子でんしタグをけるだけなので、やす簡単かんたんにできます。えきのほかにも、いろいろな場所ばしょ使つかってほしいです」とはなしています。