NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

山梨県やまなしけん甲府市こうふし 中学生ちゅうがくせい自分じぶんつくった600まいのマスクをおく

Story illustration

山梨県やまなしけん甲府市こうふし中学生ちゅうがくせい滝本たきもとひめさんは、おかあさんにおしえてもらいながらミシンを使つかってマスクをつくはじめました。お年寄としよりがマスクをうためにたくさんのみせをまわっているのをたからです。

大人おとなのマスクとどものマスクをつくりました。どものマスクには、どもがよろこぶようにキャラクターがかいてあるぬの使つかっています。5時間じかんで30まい以上いじょうつくったもありました。材料ざいりょうにかかった8まんえんは、どものころから使つかわないでずっとためていたお年玉としだま使つかいました。

滝本たきもとさんは17にち、おかあさんと一緒いっしょ県庁けんちょうって、いままでにつくった600まいのマスクをおくりました。

滝本たきもとさんは「裁縫さいほう上手じょうずではありませんが、みんなのやくちたくて頑張がんばってつくりました」とはなしていました。