NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

マスクをしてはしるときにをつけること

Story illustration

あたらしいコロナウイルスの問題もんだいで、かけないようにしたり、いえ仕事しごとをしたりする生活せいかつつづいています。

東京とうきょうでは、運動うんどうのために公園こうえんかわちかくをはしひとおおくいます。専門家せんもんかは、はしるときはウイルスがうつらないようにマスクをして、つぎのことにもをつけてほしいとっています。まえうしろをはしっているひとと10m以上いじょうあいだをあけます。まえひとすときは、よこに1m50cmぐらいあけます。そして、マスクをしてはしるといきがしにくくてくるしくなるため、いつもよりゆっくりはしるようにっています。

べつ専門家せんもんかは「いきがしにくくなってのう酸素さんそすくなくなると、しっかりかんがえることができなくなります。自分じぶんからだ具合ぐあいがわからなくて、あついときには熱中症ねっちゅうしょうになることがあります。ときどきマスクをっていきをしてください」とはなしています。