NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

「お年寄としよりにいえなか元気げんき生活せいかつしてほしい」

Story illustration

あたらしいコロナウイルスの問題もんだいで、おおくのひとかけないようにしています。東京大学とうきょうだいがく研究けんきゅうしゃたちは、お年寄としよりにいえなか元気げんき生活せいかつしてほしいとかんがえてパンフレットをつくりました。

研究けんきゅうしゃは「お年寄としよりがいえにずっといてからだうごかさないと、からだちからよわくなります。そして、生活せいかつ必要ひつようなことが自分じぶんでできなくなる心配しんぱいがあります」とっています。そしてつぎのことが大切たいせつだとっています。ひとすくないときにそとて、太陽たいようひかりたりながら運動うんどうします。筋肉きんにくつくるために必要ひつようなたんぱくしつとビタミンDがはいっているものべます。病気びょうきにならないようにする免疫めんえきちからつよくなるように、みそやヨーグルトなどの発酵はっこう食品しょくひん毎日まいにちべます。

研究けんきゅうしゃは「お年寄としよりには、からだちからよわくならないように生活せいかつしてほしいです」とっています。