NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナウイルス うつったかもしれないことをスマホでらせる

Story illustration

神奈川県かながわけんでは、みせなどのぐちにあるQRコードをスマホ(スマートフォン)でうつすと、そのみせにいつったか神奈川県かながわけんのシステムに記録きろくのこります。

あたらしいコロナウイルスがうつったひとがいると、そのひとおな時間じかんみせにいて、ウイルスがうつったかもしれないひとに「LINE」のアプリでらせます。保健所ほけんじょ連絡れんらくするようにいてあります。東京都とうきょうと大阪府おおさかふなどでもこの方法ほうほう使つかっています。

くにもスマホの「ブルートゥース」を使つかったアプリでらせる予定よていです。

アプリを使つかっているひとたちが、1m以内いないところに15ふん以上いじょういた場合ばあい、そのデータをスマホに記録きろくします。そして自分じぶんがウイルスがうつったことをアプリにれると、そのひとちかくにいたひと連絡れんらくがあります。

データの利用りようについての専門家せんもんかは「プライバシーをまもることや、連絡れんらくがあったひとがしなければならないことをわかりやすくつたえることが大切たいせつです」とはなしています。