NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ウイルスがうつったひとおお新宿しんじゅく 中学生ちゅうがくせい無線むせんで「をつけて」

Story illustration 歌舞伎町

東京とうきょう新宿区しんじゅくくでは、おさけ会話かいわたのしむよるみせはたらひときゃくあたらしいコロナウイルスがうつることがおおくなっています。このため、新宿区しんじゅくくでは、災害さいがいのときなどに使つかう「防災行政ぼうさいぎょうせい無線むせん」で、中学生ちゅうがくせいがウイルスにをつけるようにつたえることになりました。

11にち中学校ちゅうがっこう年生ねんせい上之園うえのその華蓮かれんさんが、つたえることを区役所くやくしょ録音ろくおんしました。上之園うえのそのさんは学校がっこう放送ほうそう委員いいんをしています。

上之園うえのそのさんは、大切たいせつ用事ようじがないときはかけないようにすることや、よくあらってマスクをすることなど、をつけることをみました。上之園うえのそのさんは「みなさんにつたえることができるように、気持きもちをれてゆっくりみました」とはなしていました。

拡声器

録音ろくおんした上之園うえのそのさんのこえは、15にちから毎日まいにち午後ごご新宿区しんじゅくくの100ぐらいの場所ばしょながれています。新宿駅しんじゅくえきちかくでいた女性じょせいは「どもがつたえているので、しっかりこうとおもいました」とはなしていました。