NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

あめ被害ひがいおおきい熊本県くまもとけん活動かつどうする医者いしゃ支援しえんりない」

Story illustration 九州豪雨

3日みっかからつづいたあめで、熊本県くまもとけんおおきな被害ひがいています。被害ひがいにあったひとたちをたすける 活動かつどうをしている医者いしゃなど4にんが、8日ようかよる、インターネットで活動かつどう様子ようすはなしました。

医者いしゃ1人ひとりは「いままでの災害さいがいでは、4日よっかぐらいに避難ひなんしているひとたちに食事しょくじなどの支援しえんをするひとたちがいましたが、このあめ災害さいがいでは、まだそのような支援しえんがありません」といました。あたらしいコロナウイルスの問題もんだいで、ほかのけんなどにかないようにしているひとおおくなっていて、支援しえんむずかしいようです。

車中泊

そして「建物たてものではなくてくるまなか避難ひなんしているひとがたくさんいます。からだ具合ぐあいわるくならないように、みずんだり、かる運動うんどうをしたりするようにっています」とはなしました。

避難所

避難ひなんしてきたひとにマスクなどをとどけた女性じょせいは「避難ひなんしてきたひとのほとんどがマスクをっていないし、役所やくしょにも十分じゅうぶんありません」といました。