NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

北海道ほっかいどう アイヌの文化ぶんか紹介しょうかいする「ウポポイ」がオープン

Story illustration

12にち北海道ほっかいどう白老町しらおいちょうくにがつくった「ウポポイ」がオープンしました。ウポポイは、アイヌで「大勢おおぜいうたうこと」という意味いみです。

北海道ほっかいどうなどにんでいたアイヌのひとたちは、明治時代めいじじだい日本にっぽん政府せいふにアイヌの文化ぶんか習慣しゅうかんをやめるようにわれたり、差別さべつされたりしてきました。ウポポイは、あまりることがないアイヌの文化ぶんか生活せいかつ紹介しょうかいする大事だいじ場所ばしょです。

ウポポイにある博物館はくぶつかんには、アイヌの生活せいかつがわかる道具どうぐ資料しりょうが700ぐらいあります。むかし儀式ぎしき使つかっていた道具どうぐおなじようにもう一度いちどつくりました。博物館はくぶつかんそとには、むかしのアイヌのむらもつくりました。いえなかではかみさまいの儀式ぎしき説明せつめいをしていました。

あたらしいコロナウイルスの問題もんだいがあるため、ウポポイにきたいひと予約よやく必要ひつようです。