NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナの問題もんだい運動うんどうしていないどもたちはけがにをつけて

Story illustration

埼玉県さいたまけんにある岩槻いわつき中学校ちゅうがっこうは、あたらしいコロナウイルスの問題もんだいで3かげつぐらい学校がっこうやすみになっていました。学校がっこうはじまってから、体育たいいく授業じゅぎょうのときジャンプをしてあしにけがをした生徒せいとがいました。

学校がっこうではいつもよりおくれて、生徒せいとたちの健康けんこうをチェックする健康診断けんこうしんだんおこないました。体育たいいく授業じゅぎょういままでよりつらいとかつかれやすいと生徒せいとがいて、筋肉きんにくちからよわくなっている生徒せいとえていました。

専門家せんもんかは「1かげつ運動うんどう十分じゅうぶんできていないと、からだまえのようにもどるまで3かげつぐらいかかるとわれています。学校がっこうでは、けがをしないようにきゅうはげしい運動うんどうをしないで、すこしずつおこなうようにすることが必要ひつようです」とっています。