NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナウイルス 仕事しごとがなくなって家賃やちんはらえないひとえる

Story illustration

仕事しごとがなくなって家賃やちんはらうことができないひとのために、「住居じゅうきょ確保かくほ給付金きゅうふきん」という制度せいどがあります。まちむら家賃やちんしてくれます。いくらまですかはなどでまっています。

NHKは、東京都とうきょうとなど人口じんこうおおい36のに「住居じゅうきょ確保かくほ給付金きゅうふきん」のもうみがどのくらいあったかきました。

今年ことしがつから7がつまでのもうみは4まん9000以上いじょうで、去年きょねんおなじときの90ばいえました。あたらしいコロナウイルスの問題もんだい経済けいざいわるくなって、家賃やちんはらうことができないひとえたためです。

この制度せいど利用りようできるのは、いちばんながくて9かげつまでです。専門家せんもんかは「家賃やちんしてもらうことができる9かげつ来年らいねんはじめにわって、たくさんのひとところをなくすことが心配しんぱいです。くには、もっとなが家賃やちんすことをかんがえてほしいです」とはなしています。