NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナウイルス レストランで料理りょうりはこぶロボット

Story illustration

あたらしいコロナウイルスがうつらないようにするため、ひとひとができるだけちかくならないことが大切たいせつです。

ソフトバンクロボティクスという会社かいしゃは、レストランなどできゃくのテーブルに料理りょうりはこぶロボットをつくりました。

このロボットは、センサーを使つかってテーブルがどこにあるか調しらべて、地図ちずのようなデータをつくります。この地図ちず使つかって、まわりのものにぶつからないようにしながら、料理りょうりはこびます。テーブルできゃくがロボットから料理りょうりると、ロボットはキッチンのちかくにもどります。

ロボットをつくった会社かいしゃは「ロボットを使つかうと、みせひときゃくのそばにかなくても料理りょうりとどけることができます。コロナウイルスがうつる危険きけんすくなくなるとおもいます」とはなしています。

会社かいしゃ来年らいねんがつから、レストランなどにロボットを予定よていです。