NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

インフルエンザ「できるだけはやくワクチンを注射ちゅうしゃして」

Story illustration

厚生労働省こうせいろうどうしょうやく5000の病院びょういんで、インフルエンザになったひとなんにんいるか調しらべています。9がつ20日はつかまでの1週間しゅうかんにインフルエンザになったひとは4にんでした。いまはまだインフルエンザがひろがる心配しんぱいはほとんどありません。

しかし、国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょによると、インフルエンザになるひと毎年まいとし11がつか12がつからおおくなります。このためインフルエンザのひとと、あたらしいコロナウイルスの病気びょうきひとが、おなじときにおおくなる心配しんぱいがあります。

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょ専門家せんもんかは「インフルエンザはこれからえる心配しんぱいがあります。できるだけはやく、インフルエンザのワクチンを注射ちゅうしゃしてください」とはなしています。

神奈川県かながわけんなどでは、65さい以上いじょうひとはインフルエンザのワクチンの注射ちゅうしゃにおかねがかからないようにします。んでいるまちむらいてください。