NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

福島県ふくしまけん大熊町おおくままちちいさな病院びょういん 原子力げんしりょく発電所はつでんしょ事故じこのあとはじめて

Story illustration

東日本ひがしにほん大震災だいしんさいからもうすぐ10ねんになります。福島県ふくしまけん大熊町おおくままち原子力げんしりょく発電所はつでんしょ事故じこがあったため、まちひとがみんな避難ひなんしました。2ねんまえまち一部いちぶひとむことができるようになって、ひともどってきています。しかし、まちには病院びょういんがありませんでした。

このためまちちいさな病院びょういんつくって、2日ふつかにオープンしました。医者いしゃるのはいま火曜日かようび午前ごぜんちゅうだけです。 福島県大熊町に小さな病院 原子力発電所の事故のあと初めて この病院びょういんはたら医者いしゃ山内やまうち健士朗けんしろうさんは「まちひとはなしをよくいて、みんなが健康けんこうになるように頑張がんばりたいです」とはなしています。

ちかくにむ70さい男性だんせいは「まちには、くるまがなくてとお病院びょういんくのがむずかしいひともいます。あるいてくことができるところ病院びょういんができて、うれしいです」とはなしていました。