NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

柔道じゅうどうきんメダル 古賀こが稔彦としひこさんがくなる

Story illustration

古賀こが稔彦としひこさんは中学生ちゅうがくせいのころから柔道じゅうどうつよくて有名ゆうめいでした。古賀こがさんは1990ねん全日本選手権ぜんにほんせんしゅけんて、2ばんになりました。全日本選手権ぜんにほんせんしゅけんは、からだおおきな選手せんしゅちいさな選手せんしゅ一緒いっしょ試合しあいをします。古賀こがさんはからだがあまりおおきくありませんが、自分じぶんよりおおきな選手せんしゅつづけて、決勝戦けっしょうせんまですすみました。

オリンピックには3かいました。1992ねんのバルセロナオリンピックのときは、ひだりのひざにおおきなけがをしていましたが、きんメダルをりました。

古賀こがさんは2000ねん選手せんしゅをやめてから、日本にっぽん代表だいひょうのコーチをしたり、どもたちに柔道じゅうどうおしえたりしていました。古賀こがさんは、去年きょねんがんの手術しゅじゅつけましたが、24日にじゅうよっかに53さいくなりました。