NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

日本にっぽん二酸化炭素にさんかたんそ濃度のうど 去年きょねんいままででいちばんたかかった

Story illustration

気象庁きしょうちょうは、地球ちきゅう気温きおんがる原因げんいんになる二酸化炭素にさんかたんそ濃度のうどを、日本にっぽんの3つの場所ばしょ調しらべています。去年きょねん平均へいきんは、沖縄県おきなわけん与那国島よなぐにじまで417.2ppm、岩手県いわてけん大船渡市おおふなとしで416.3ppm、小笠原諸島おがさわらしょとう南鳥島みなみとりしまで414.5ppmでした。調しらべた場所ばしょ全部ぜんぶいままででいちばんたかくなりました。

二酸化炭素にさんかたんそ濃度のうどは1987ねん調しらはじめてから毎年まいとしたかくなっています。

去年きょねんあたらしいコロナウイルスの問題もんだいがあって、世界せかいひとがあまり活動かつどうできませんでした。このため二酸化炭素にさんかたんそすくなくなったというレポートがありましたが、いまえています。

気象庁きしょうちょうは「濃度のうどひくくするためには、去年きょねんよりもっと二酸化炭素にさんかたんそさないようにすることが必要ひつようです」とはなしています。