NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナウイルスの病気びょうきかるひとくすり くに使つかってもいいと

Story illustration

厚生労働省こうせいろうどうしょうは19にちあたらしいコロナウイルスの病気びょうきなおすために、中外製薬ちゅうがいせいやくくすり使つかってもいいといました。

このくすりは「カシリビマブ」と「イムデビマブ」です。この2つのくすり一緒いっしょ使つかって、ウイルスがはたらかないようにします。病気びょうきかるひとやあまりおもくないひとなかで、お年寄としよりや病気びょうきおもくなる危険きけんがあるひと使つかいます。

中外製薬ちゅうがいせいやくによると、外国がいこくでは入院にゅういんしたりくなったりする危険きけんが70%ぐらいすくなくなりました。アメリカのまえ大統領だいとうりょうのトランプさんが入院にゅういんしたときにも使つかいました。

厚生労働省こうせいろうどうしょうによると、病気びょうきかるひとくすり使つかうことができるようになったのははじめてです。このくすりはや使つかうと、病気びょうきおもくならない可能性かのうせいがあるとっています。

このくすりはまだりょうおおくないため、しばらくは入院にゅういんしているひと使つかいます。