NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナウイルス 学校がっこうやすみにするときの基準きじゅんくにつく

Story illustration

あたらしいコロナウイルスがひろがって、どもにもうつることがえています。

生徒せいと先生せんせいにウイルスがうつった場合ばあい保健所ほけんじょ学校がっこうなどを調査ちょうさします。しかし、緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげんているけんなどでは、保健所ほけんじょいそがしくて、調査ちょうさおそくなる心配しんぱいがあります。このため文部科学省もんぶかがくしょうは、学校がっこう調査ちょうさをしてクラスなどをやすみにするときの基準きじゅんつくりました。

基準きじゅんでは、クラスにウイルスがうつった生徒せいと2人ふたり以上いじょういたら、クラスをやすみにします。ウイルスがうつった生徒せいと1人ひとりでも、ほかにも具合ぐあいわる生徒せいとがいる場合ばあいなど、ウイルスがもっとひろがりそうなときもやすみにします。やすむのは、5日いつかから7日なのかぐらいです。

そして、おな学年がくねんで2つ以上いじょうのクラスがやすみになったときは、学年がくねん全部ぜんぶやすみにします。2つ以上いじょう学年がくねんやすみになったときは、学校がっこう全部ぜんぶやすみにします。