NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

新型しんがたコロナで生活せいかつこまってものをもらうひと去年きょねんの2ばい以上いじょう

Story illustration

NPOの「もやい」は、新型しんがたコロナウイルスがひろがった去年きょねん4がつから毎週まいしゅう火曜日かようび東京都とうきょうと新宿区しんじゅくく事務所じむしょ生活せいかつ相談そうだんけています。土曜日どようびには東京都庁とうきょうとちょうまえもの無料むりょうわたしています。

去年きょねんものをもらいにひとは1かいに150にんぐらいでした。しかし、今年ことしになってからえて、はるには300にんぐらい、9がつ4日よっかには349にんました。

このなかには、みち公園こうえんなどで生活せいかつしているホームレスのひとのほかに、ちいさいどもがいる家族かぞくわか女性じょせいもいました。「はじめて生活せいかつこまりました。くになどからおかねをもらう制度せいどについておしえてください」という相談そうだんえています。

もやいは、生活せいかつたすけてもらう制度せいど紹介しょうかいなどをして、こまっているひと手伝てつだうことにしています。