NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

イグ・ノーベルしょう 15ねんつづけて日本にっぽん研究けんきゅうえらばれる

Story illustration

アメリカの科学かがく雑誌ざっしは1991ねんから、ひとわらうような面白おもしろ研究けんきゅうえらんで「イグ・ノーベルしょう」をおくっています。

今年ことし京都工芸繊維大学きょうとこうげいせんいだいがく村上むらかみひさしさんたちの研究けんきゅうえらばれました。村上むらかみさんたちは実験じっけんで、スマートフォンをながらある場合ばあいと、なかった場合ばあいあるひとうごかたわるか調しらべました。

スマートフォンをながらあるいてまわりにがつかないひとがいると、そのひとがどんなうごかたをするかまわりのひとがわからなくて、ぶつかりそうになることがわかりました。

この研究けんきゅうえらんだひとは「まわりにをつけることが大切たいせつだということがわかりました」とっています。

日本にっぽん研究けんきゅうは15ねんつづけてイグ・ノーベルしょうえらばれています。

村上むらかみさんは「ひとうごかたまわりのひとうごかた影響えいきょうすることをってもらいたいです」とはなしていました。