NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

フィリピンとロシアのジャーナリストがノーベルしょうまる

Story illustration

フィリピンのマリア・レッサさんとロシアのドミトリー・ムラートフさんが、今年ことしのノーベルしょう平和へいわしょうまりました。

レッサさんは、インターネットで記事きじす「ラップラー」の代表だいひょうです。ムラートフさんは、「ノーバヤ・ガゼータ」という新聞しんぶん編集へんしゅうちょうです。2人ふたり自分じぶんくに政治せいじ問題もんだいつたえてきました。

ノーベルしょうえら委員会いいんかいは「2人ふたりは、民主主義みんしゅしゅぎ報道ほうどう自由じゆうまもられなくなっているときに、理想りそう世界せかいのために頑張がんばるジャーナリストの代表だいひょうです」とはなしました。

「ノーバヤ・ガゼータ」のジャーナリストのなかには、ころされたひともいます。ムラートフさんは「わたしにではなくて、会社かいしゃくなったジャーナリストたちにおくられるしょうです」とはなしました。