NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

小笠原諸島おがさわらしょとううみなか火山かざん活動かつどうつづく 軽石かるいしなどにをつけて

Story illustration

小笠原諸島おがさわらしょとううみなかに「福徳岡ノ場ふくとくおかのば」という火山かざんがあって、8がつ噴火ふんかしました。そのときに軽石かるいし沖縄県おきなわけん海岸かいがんなどにながれてきて、さかなをとるふねすことやフェリーの運転うんてんができなくなりました。軽石かるいしは、これから本州ほんしゅうにもながれてくる心配しんぱいがあります。

気象庁きしょうちょうは、8がつのあと火山かざん噴火ふんかしていなくて、軽石かるいしあたらしくていないとっています。噴火ふんかでできたしましずんだりなみたったりしてちいさくなって、最初さいしょの30%ぐらいのおおきさになりました。

海上保安庁かいじょうほあんちょうによると、しままわりでうみみずみどりのようないろわっているところがあります。このことについて気象庁きしょうちょうは「うみなかにある火口かこうからガスなどがていて、火山かざん活動かつどうつづいています。ちかくをとおふね飛行機ひこうきをつけてください」とっています。気象庁きしょうちょう軽石かるいしにもをつけてほしいとっています。