NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

宮城県みやぎけん 震災しんさいつたえるために中学生ちゅうがくせいかんがえた石碑せきひができる

Story illustration

2011ねん東日本大震災ひがしにほんだいしんさいのとき、宮城県みやぎけん女川町おながわちょうにはたかさ14.8mの津波つなみました。まち人口じんこうの8%、800にん以上いじょうひとくなりました。

このとし中学校ちゅうがっこう入学にゅうがくした生徒せいとたちは、震災しんさいのことを未来みらいつたえるために、石碑せきひつくることを計画けいかくしました。津波つなみがいちばんたかところまでた21の場所ばしょに「女川おながわいのちの石碑せきひ」をつくろうとかんがえて、1000まんえんあつめました。

計画けいかくから10ねんぎた21にち、21ばん石碑せきひができました。この活動かつどうつづけた卒業生そつぎょうせいなどがあつまって、あたらしい石碑せきひ発表はっぴょうするしきおこないました。

卒業生そつぎょうせい鈴木すずき智博ともひろさんは、修学旅行しゅうがくりょこう生徒せいとなどを石碑せきひ案内あんないして、震災しんさいについてつたえています。鈴木すずきさんは「1000ねんひとにも、ぼくのような経験けいけんをしてほしくないので、これからもつたつづけます」とはなしていました。