NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

プルトニウムなどの放射性物質ほうしゃせいぶっしつが5にんにかかる事故じこ

Story illustration

茨城県いばらきけんにある日本にほん原子力げんしりょく研究けんきゅう開発かいはつ機構きこう大洗おおあらい研究けんきゅう開発かいはつセンターで6日むいか、プルトニウムなどの放射性物質ほうしゃせいぶっしつが、仕事しごとをしていた5にんにかかる事故じこがありました。

にん放射性物質ほうしゃせいぶっしつはいっている容器ようきをチェックしようとするとなかふくろやぶれて、放射性物質ほうしゃせいぶっしつこながかかりました。5にんからだ調しらべると、1人ひとりはいなかに2まん2000ベクレルの放射性物質ほうしゃせいぶっしつはいったことがわかりました。

この容器ようきは26ねんまえからありましたが、なか調しらべたことはありませんでした。原子力機構げんしりょくきこう今年ことしの2がつから、80容器ようきのチェックをはじめています。あと50のこっているため、安全あんぜんにチェックする方法ほうほうかんがえるとっています。