NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

噴火ふんかがあったトンガのためにラグビーの試合しあいおこな

Story illustration

トンガで今年ことし1がつうみなか火山かざん噴火ふんかして、おおきな被害ひがいがありました。トンガを応援おうえんするために11にち東京とうきょうでラグビーの試合しあいがありました。

日本にっぽんにいるトンガ出身しゅっしん選手せんしゅなどのチームと、将来しょうらい日本にっぽん代表だいひょうになりそうな選手せんしゅのチームが試合しあいをしました。試合しあいまえに、トンガの選手せんしゅたちが「シピタウ」というおどりをせると、あつまった8000にんぐらいがおおきな拍手はくしゅをしました。試合しあいは、日本にっぽんのチームが31−12でちました。

トンガ出身しゅっしん中島なかじまイシレリ選手せんしゅは「たくさんのひとよろこぶような試合しあいをしたいとおもいました。トンガのために試合しあいができて感謝かんしゃしています」とはなしました。

日本にほんラグビー協会きょうかいは、チケットなどをったおかねをトンガ大使館たいしかん寄付きふします。