NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

刑務所けいむしょはいったひと教育きょういく大切たいせつにする「拘禁刑こうきんけい」ができる

Story illustration

日本にっぽん法律ほうりつでは、刑務所けいむしょれるけいなかに「懲役刑ちょうえきけい」と「禁錮刑きんこけい」があります。懲役刑ちょうえきけいは、刑務所けいむしょなかなが場合ばあい、1にちに8時間じかん仕事しごとをしなければなりません。国会こっかいで13にち、2つのけいを1つにすることがまりました。あたらしいけい名前なまえは「拘禁刑こうきんけい」です。

拘禁刑こうきんけい」は、刑務所けいむしょはいったひと社会しゃかいもどったあと、また犯罪はんざいをしないようにすることを大切たいせつにします。そして、刑務所けいむしょ教育きょういくなどいろいろなことをできるようにします。

たとえば、麻薬まやく使つかってけいけたひとは、麻薬まやく問題もんだいについてグループでかんがえる時間じかんつことができます。わかひとは、仕事しごと生活せいかつ必要ひつよう勉強べんきょうをすることができます。からだよわくなっているお年寄としよりは、トレーニングをすることができます。

拘禁刑こうきんけい」は、3ねん以内いないはじまる予定よていです。