NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ウクライナから避難ひなんしてきたひとのためにあたらしく寄付きふあつめる

Story illustration

ウクライナから日本にっぽん避難ひなんしてきたひとが1200にん以上いじょうになりました。

日本財団にっぽんざいだんは、日本にっぽんるためのおかね生活せいかつのおかねして、日本にっぽん家族かぞくなどがいるウクライナじんたすけています。3ねんで50おくえんすことをかんがえていました。

しかし、避難ひなんするひとおおくなって、日本にっぽん生活せいかつながくなりそうなため、もっとおかね必要ひつようです。このため、日本財団にっぽんざいだんはウクライナとアメリカの大使たいし一緒いっしょあたらしい基金ききんつくって、寄付きふのおかねあつめることにしました。10おくえんぐらいあつめたいとかんがえています。おかねは、日本語にほんご勉強べんきょう日本人にっぽんじんなどと交流こうりゅうするイベントなどのために使つかいます。

日本財団にっぽんざいだんは「日本にっぽんながむことをめたひともいるので、これからも手伝てつだっていきたいです」とはなしました。