NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

法隆寺ほうりゅうじ 寄付きふをおねがいしてすぐに2000まんえん以上いじょうあつまった

Story illustration

法隆寺ほうりゅうじ奈良県ならけんにある世界遺産せかいいさんてらで、まえは1ねんに65まんにんぐらいがていました。しかし、新型しんがたコロナウイルスの問題もんだいでおととしと去年きょねんひと半分はんぶんぐらいになって、てらはいるおかねがとてもすくなくなりました。このため、てらは15にち午後ごごからインターネットで寄付きふをおねがいして、てらをきれいにするおかねなどをあつめていました。

寄付きふは10時間じかんぐらいで、あつめたいとかんがえていた2000まんえん以上いじょうになりました。16にちひるごろまでには1600にんから2800まんえんぐらいがあつまりました。

法隆寺ほうりゅうじは「てら大切たいせつにしてくれるひと大勢おおぜいいて、感謝かんしゃしています。てらをきれいにして、のこったおかね美術品びじゅつひんなおすために使つかいます」とはなしています。

てらは7がつ29にちまで寄付きふをおねがいする予定よていですが、はやわることもかんがえています。