NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ニホンウナギのどもが北海道ほっかいどうかわつかる

Story illustration

ニホンウナギは、すくなくなっていて将来しょうらいいなくなる心配しんぱいがあります。東京大学とうきょうだいがく北海道大学ほっかいどうだいがく研究けんきゅうグループは、ニホンウナギのどもが北海道ほっかいどうかわつかったといました。ニホンウナギはいままで、青森県あおもりけんからみなみにいるとわれていました。

研究けんきゅうグループがおととし5がつ北海道ほっかいどう南西なんせい地域ちいきにあるかわ調しらべると、たまごからまれたばかりのウナギが16ぴきつかりました。おおきさは6cmぐらいでした。去年きょねんおなかわ調しらべたときも、たまごからまれたばかりのウナギ9ひきと、20cmまでおおきくなったウナギがつかりました。

研究けんきゅうグループは「地球ちきゅう気温きおんがって、ウナギが北海道ほっかいどうるようになった可能性かのうせいがあります。北海道ほっかいどうかわでウナギがどうやってそだっているか調しらべます」とはなしています。