NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

新型しんがたコロナウイルスがひろがってから冷凍れいとう食品しょくひんがよくれている

Story illustration

新型しんがたコロナウイルスがひろがってから、いえ食事しょくじをすることがおおくなりました。このため、簡単かんたんべることができる冷凍れいとう食品しょくひんがよくれています。

埼玉県さいたまけんにあるスーパーは、今年ことしはるから冷凍れいとう食品しょくひんひろくしました。種類しゅるいまえの500から800にやしました。このスーパーでは、冷凍れいとう食品しょくひんげが去年きょねん、2019ねんより10%ぐらいえました。今年ことしえています。

スーパーの店長てんちょうは「ウイルスがうつるひとがとてもえているし、あつくて時間じかんがかかる料理りょうりをしたくないひともいて、よくれています」とはなしていました。

コンビニのローソンも去年きょねんから、冷凍れいとう食品しょくひんやしています。冷凍れいとう刺身さしみやデザートなどをっているみせもあります。

冷凍れいとう食品しょくひん団体だんたいによると、去年きょねん家庭かていよう冷凍れいとう食品しょくひん生産せいさんが、1968ねん調しらはじめてからいちばんおおくなりました。