NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

大腸だいちょうのがんをコンピューターでつける

Story illustration

国立こくりつがん研究けんきゅうセンターとNECは、大腸だいちょうのがんをつけて医者いしゃらせるコンピューターのシステムをつくりました。

このコンピューターは、健康けんこう大腸だいちょうとがんになった大腸だいちょう写真しゃしんを14まんまいおぼえています。医者いしゃ大腸だいちょうにカメラをれて検査けんさをするときに、コンピューターが病気びょうきつけるとおとして、場所ばしょみどりいろまるらせます。

2014ねん日本にっぽん大腸だいちょうのがんでくなったひとやくまんにんで、がんのなかで2番目ばんめおおくなりました。

国立こくりつがん研究けんきゅうセンターは、「外国がいこくでは大腸だいちょうにカメラをれて検査けんさをしても、24%のがんをつけることができなかったという報告ほうこくがあります。このシステムを使つかうと98%つけることができます。2019ねんごろから試験しけんをしたいとかんがえています」とはなしています。