NHK News Web Easierイーシア

Single Story

なかべてしまうカミキリムシの被害ひがいえている

Story illustration

「クビアカツヤカミキリ」というカミキリムシは中国ちゅうごくやベトナムなどでまれたむしで、たくさんたまごみます。幼虫ようちゅうは、さくらももうめなどのなかはいってべるため、はなかなくなったり、果物くだものができなくなったりします。

このむしは、日本にっぽんでは2012ねんはじめてつかりました。森林総合研究所しんりんそうごうけんきゅうしょ調しらべると、いままでに東京都とうきょうと群馬県ぐんまけん栃木県とちぎけん埼玉県さいたまけん愛知県あいちけん大阪府おおさかふ徳島県とくしまけんつかりました。被害ひがいがあったっていますが、むし全部ぜんぶころすことはできません。

森林総合研究所しんりんそうごうけんきゅうしょは、このままだとももうめをつくっている農家のうかおおきな被害ひがい可能性かのうせいがあるとかんがえています。花見はなみができなくなる場所ばしょもあるかもしれないとっています。

森林総合研究所しんりんそうごうけんきゅうしょは、このむしころすためのあたらしいくすり必要ひつようだとかんがえて研究けんきゅうはじめています。

See on NHK News Web Easy (if still available)