NHK News Web Easierイーシア

Single Story

んぼやはたけにイノシシがないようにオオカミの人形にんぎょう

Story illustration

千葉県ちばけん木更津市きさらづしでは、やまからてきたイノシシなどがんぼのこめはたけ野菜やさいなどをべることがえています。イノシシがないようにするため、さわると電気でんきながれるさくなどを使つかっていますが、2016年度ねんどは2200まんえん被害ひがいがありました。

JA木更津市きさらづしは、被害ひがいがあったんぼに11にちからオオカミの人形にんぎょういてみることにしました。

この人形にんぎょうにはセンサーがあって、イノシシなどがちかくにると、あかひかります。イノシシがこわがってげるように、オオカミのごえなど18種類しゅるいおおきなおとします。北海道ほっかいどうでこの人形にんぎょう使つかったところでは、シカなどがあまりなくなりました。

JA木更津市きさらづしは「オオカミの人形にんぎょうでイノシシがすくなくなったら、もっとくつもりです」とっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)