NHK Easierイーシア

Press F to toggle furigana
Press D to toggle dictionary

Single Story

New: Download all stories of January 2024 as EPUB

輪島市わじまし 「りさい証明書しょうめいしょ」をはやすために調しらべるひとおおくする

Story illustration

地震じしんなどの災害さいがい建物たてものこわれたひとくになどからおかねをもらうとき、「り災証明書さいしょうめいしょ」がいります。証明しょうめいしょすために、まち職員しょくいんがその場所ばしょって被害ひがい調しらべます。

地震じしんおおくの被害ひがいけた石川県いしかわけん輪島市わじましでは、おおきな火事かじがあった「朝市通あさいちどおり」のまわりを調しらべてきました。25にちからはもっとひろ場所ばしょ調しらべるため、この仕事しごとをする職員しょくいんを6にんから100にんおおくします。熊本県くまもとけん広島県ひろしまけん福岡県ふくおかけん北九州市きたきゅうしゅうしなどから手伝てつだいに職員しょくいん調しらべます。は3がつ中旬ちゅうじゅんごろに調しらべるのがわるとかんがえています。

によると、いままでに「朝市通あさいちどおり」のまわりのひとたちなどから、証明しょうめいしょしてほしいという申請しんせいが1500けん以上いじょうありました。

は「調しらべるひとなかには、おおきな地震じしん火事かじがあったけんからひともいます。その経験けいけんやくって、はや調しらべることができるといいとおもいます」とはなしています。