NHK Easierイーシア

Press F to toggle furigana
Press D to toggle dictionary

Single Story

New: Download all stories of January 2024 as EPUB

被害ひがいけたひとこころのストレスをすくなくするために

Story illustration

能登半島地震のとはんとうじしんこってから3週間しゅうかん以上いじょうになりました。被害ひがいけたひとこころのストレスをすくなくするために、まわりのひとなどがどうしたらいいか、専門家せんもんかはなしきました。

専門家せんもんかによると、いまは、地震じしんのあとこころなか我慢がまんしていたおこ気持きもちやつらい気持きもちがてくるころです。まわりのひとなどは、そのひと気持きもちになって、はなしをよくくことが大切たいせつです。安心あんしんできるように、専門家せんもんか相談そうだんすることも必要ひつようです。

日本赤十字社にっぽんせきじゅうじしゃは、被害ひがいけたひと支援しえんするときは、最初さいしょ自分じぶん紹介しょうかいをしたほうがいいとっています。そして、「支援しえんします」という態度たいどではなくて、はなしきたいとおもうことが大切たいせつだとっています。

石川県いしかわけんは、こころのストレスなどについて「石川県いしかわけんこころの健康けんこうセンター」に相談そうだんできるようにしました。電話番号でんわばんごうは0120-333-247で、平日へいじつ午前ごぜん9から午後ごご5までです。