NHK News Web Easierイーシア

Single Story

うみながれのちから利用りようして電気でんきつく実験じっけん成功せいこうする

Story illustration

くにのNEDOとIHIという会社かいしゃは、鹿児島県かごしまけん口之島くちのしまちかくで、うみながれのちから利用りようして電気でんきつく実験じっけん14日じゅうよっかからおこないました。

口之島くちのしまうみには黒潮くろしおというながれがあります。実験じっけんでは、うみなかふかさ20m〜50mのところいたおおきなタービンが黒潮くろしおつよちからまわって、30kWまでの電気でんきつくることに成功せいこうしました。うみながれのちから電気でんきつくったのは世界せかいはじめてです。

ながれるちからつよ黒潮くろしお利用りようしたら、太陽たいようひかり利用りようするよりうまく電気でんきつくることができるとわれています。NEDOとIHIは、どのくらいおかねがかかるかなど調しらべて、2020ねんには電気でんきつくはじめたいとかんがえています。

IHIは「口之島くちのしまうみは、ながれのつよさや方向ほうこうがあまりわらないので、くわしく調しらべて電気でんきをたくさんつくりたいです」とはなしていました。

See on NHK News Web Easy (if still available)