NHK News Web Easierイーシア

Single Story

あめつづいた秋田県あきたけん 「大曲おおまがり花火はなび」でうつくしい花火はなびがる

Story illustration

秋田県あきたけん大仙市だいせんし雄物川おものがわで26にち、「大曲おおまがり花火はなび」がひらかれました。日本にっぽん有名ゆうめい花火はなび大会たいかいで、今年ことしで91かいです。

まえまであめつづいて会場かいじょうみずがたくさんはいったため、大会たいかいひらくことができるかみんな心配しんぱいしました。しかし、26にちあさまで一生懸命いっしょうけんめいみずして、予定よていどおりにひらくことができました。

大会たいかいでは、全部ぜんぶで1まん8000の花火はなびがりました。日本にっぽんむかしからある花火はなびや、音楽おんがく一緒いっしょがるいろいろなかたち花火はなびもありました。秋田県あきたけん花火はなび職人しょくにんたちがつくった「生命いのちのまつり」という2400の花火はなびがどんどんがると、みんなおおきなこえしてよろこんでいました。

大会たいかいひらいた団体だんたいによると、今年ことしはいつものとしよりおおい74まんにん花火はなびたのしみました。山形県やまがたけんから大学生だいがくせいは「ることができて本当ほんとうによかったです。とてもきれいですばらしかったです」とはなしていました。

See on NHK News Web Easy (if still available)