NHK News Web Easierイーシア

Single Story

ロヒンギャのキャンプで日本にっぽん赤十字せきじゅうじ医者いしゃなどが活動かつどう

Story illustration

ミャンマーではイスラムきょうしんじるロヒンギャのグループとぐんなどのたたかいがあって、大勢おおぜいのロヒンギャのひとたちがとなりのバングラデシュにげています。国連こくれんは、9がつ28にちまでにバングラデシュにげたロヒンギャのひとたちが50まんにん以上いじょうになったと発表はっぴょうしました。

日本にっぽん赤十字せきじゅうじ医者いしゃ看護師かんごしなど10にんが、ロヒンギャのひとたちがあつまるキャンプで活動かつどうしています。キャンプではねつひと下痢げりをしたひとなどが大勢おおぜいあつまって、医者いしゃにみてもらったり、くすりをもらったりしていました。

げてきたひときゅうえたため、トイレやみずりなくなっています。このため、病気びょうきになるひとがもっとえる心配しんぱいがあります。日本にっぽん赤十字せきじゅうじはこれから4かげつぐらいのあいだ医者いしゃ看護師かんごし交代こうたいおくろうとかんがえています。

See on NHK News Web Easy (if still available)