NHK News Web Easierイーシア

Single Story

つき地下ちかながさ50kmのあながあることがわかる

Story illustration

宇宙うちゅう研究けんきゅうをしている日本にっぽんのJAXAは2007ねんに、つき調しらべる人工衛星じんこうえいせいの「かぐや」をげました。「かぐや」がレーダーを使つかってあつめたデータを調しらべた結果けっかつき地下ちかにとてもおおきなあながあることがわかりました。

あなつき表面ひょうめんとつながっていて、ながさは50kmぐらいあります。つき表面ひょうめんひるよる温度おんどが300℃もちがいますが、地下ちかはあまりわりません。宇宙うちゅうからってくる放射線ほうしゃせん地下ちかにはあまりとどかないため、将来しょうらい地下ちか基地きちつくることができるかもしれません。

アメリカは今月こんげつつきにもう一度いちど宇宙飛行士うちゅうひこうしおく計画けいかく発表はっぴょうしました。日本にっぽんも2025ねんごろ、つき宇宙飛行士うちゅうひこうしおくりたいとかんがえています。

JAXAは「つきひときるのはむずかしいとかんがえていました。しかし、地下ちかあながあるとわかって、またつきひとくことができるかもしれないとおもいました」とはなしています。

See on NHK News Web Easy (if still available)