NHK News Web Easierイーシア

Single Story

日本にっぽんでもいろいろなひとがハロウィーンをたのしむようになる

Story illustration

10がつ31にちのハロウィーンは、日本にっぽんではどもやわかひとだけがたのしむイベントでした。しかし最近さいきんは、いろいろなひと毎年まいとしあきたのしむイベントになっています。

東京都とうきょうと銀座ぎんざにある会社かいしゃでは31にち、50にんぐらいの社員しゃいんが、おけやアニメのキャラクターなどのふく仕事しごとをしました。

福岡県ふくおかけん福岡市ふくおかしにあるタクシーの会社かいしゃは「ハロウィーンタクシー」という特別とくべつなタクシーを運転うんてんしました。運転手うんてんしゅはおけの化粧けしょうをしています。

記念日きねんび研究けんきゅうなどをしている日本記念日協会にほんきねんびきょうかいは、ハロウィーンに関係かんけいがある品物しなものやレストランなどのげがどのくらいになるか計算けいさんしています。今年ことしは、バレンタインデーとおなじぐらいの1305おくえんで、ははの1135おくえんよりおおくなるとっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)