NHK News Web Easierイーシア

Single Story

アルツハイマーびょう 原因げんいんのたんぱくしつるとよくなる可能性かのうせい

Story illustration

国立精神こくりつせいしん神経医療研究しんけいいりょうけんきゅうセンターの荒木亘あらきわたるさんたちのグループは、「アルツハイマーびょう」の研究けんきゅうをしています。アルツハイマーびょうは、のうがうまくはたらかなくなる病気びょうきです。

研究けんきゅうでは、ねずみののう神経しんけい細胞さいぼうに「アミロイドベータ」というたんぱくしつれて、この病気びょうきはじめのころののうおな状態じょうたいにして実験じっけんしました。アミロイドベータはこの病気びょうき原因げんいんかんがえられています。

ねずみの細胞さいぼうは2つのグループにけました。1つはアミロイドベータをれたままにして、もう1つはって、ない状態じょうたいにしました。その結果けっかれたままにした細胞さいぼうでは、病気びょうきわるくなっていました。しかし、った細胞さいぼうでは、はじめのころにあった異常いじょうがほとんどなくなっていました。

アミロイドベータをると、アルツハイマーびょうはじめのころの異常いじょうがなくなる可能性かのうせいがあることが実験じっけんでわかったのははじめてです。

See on NHK News Web Easy (if still available)