NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

津波つなみのときはたかところはしってげることをつたえるイベント

岩手県いわてけん釜石市かまいししでは、7ねんまえ東日本大震災ひがしにほんだいしんさい津波つなみ大勢おおぜいひとくなりました。「津波つなみのときはいそいでたか場所ばしょげる」ということをつたえるために、たかところまではしる「韋駄天いだてん競走きょうそう」というイベントを毎年まいとしおこなっています。「韋駄天いだてん」ははしるのがはやひとのことです。

今年ことし3日みっかに「韋駄天いだてん競走きょうそう」がありました。まちなかからたかところにあるてらまで、286mのさかやすまないではしってのぼります。3さいから58さいまでの120にん以上いじょうはしりました。

ちいさなどもをれたおとうさんやおかあさんは、どもとしっかりをつないで、一生懸命いっしょうけんめいはしっていました。

23さい男性だんせいは「津波つなみくなるひとがいなくなってほしいとおもいながらはしりました」とはなしていました。