NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

花粉症かふんしょうひと運転うんてんちゅうのくしゃみにをつけて

花粉かふん季節きせつになりました。「花粉症かふんしょう」のひとは、からだなか花粉かふんはいると、くしゃみがたりがかゆくなったりします。JAF=日本自動車連盟にほんじどうしゃれんめいは、運転うんてんちゅうにくしゃみをすると、交通事故こうつうじこになる心配しんぱいがあるのでをつけてほしいとっています。

JAFによると時速じそく60kmで運転うんてんしている場合ばあい、くしゃみを1かいするあいだくるまは8mぐらいすすみます。このあいだに、間違まちがえてハンドルをうごかしたり、ブレーキからあしはなしたりすると、事故じこになることがあります。

トラックを運転うんてんする男性だんせいは「くしゃみをして一瞬いっしゅんまええなくなるあいだくるますすんで、こわいとおもったことがなんもあります」とはなしていました。

JAFは、くるままえふくをたたいたり、くるまのエアコンを掃除そうじしたりしてくるまなか花粉かふんはいらないようにすることが大切たいせつだとっています。そして、「花粉症かふんしょうがひどいときは運転うんてんをしないようにしてください」とっています。