NHK News Web Easierイーシア

Single Story

うつくしくあおきドナウ」 はじめての演奏えんそうから150ねん

Story illustration

うつくしくあおきドナウ」は、オーストリアのヨハン・シュトラウス2せいつくった有名ゆうめいなワルツのきょくです。このきょくは、1867ねんがつ15にちはじめてウィーンで演奏えんそうされました。ウィーンで15にちはじめての演奏えんそうから150ねんをおいわいするしきがありました。

150ねんまえ、オーストリアは戦争せんそうけて、おおくのひと生活せいかつこまっていました。コレラという病気びょうき流行りゅうこうしていました。このきょくには「むかしのほうがよかったとってもなん意味いみもありません。いま大切たいせつにしましょう」と、市民しみん元気げんきにするような歌詞かしがついていました。しかし、いま歌詞かしうたうことがほとんどありません。15にちは、オーケストラと一緒いっしょ歌詞かし合唱がっしょうもありました。

しき出席しゅっせきしたひとたちは「いま時代じだいにも大切たいせつなメッセージだとおもいます」とはなしていました。

See on NHK News Web Easy (if still available)