NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

日本にっぽん二酸化炭素にさんかたんそ濃度のうどいままででいちばんたかくなる

気象庁きしょうちょうは、地球ちきゅう気温きおんがる原因げんいんになる二酸化炭素にさんかたんそ濃度のうどを3つの場所ばしょ調しらべています。去年きょねん平均へいきん濃度のうどは、岩手県いわてけん大船渡市おおふなとしで409.2ppm、沖縄県おきなわけん与那国島よなぐにじまで409.5ppm、小笠原諸島おがさわらしょとう南鳥島みなみとりしまで407.7ppmでした。全部ぜんぶ場所ばしょいままででいちばんたかくなりました。

国連こくれんは、地球ちきゅう気温きおんが2℃以上いじょうがらないように、世界せかい平均へいきん二酸化炭素にさんかたんそ濃度のうどを420ppmぐらいにしたいとっています。しかし、日本にっぽんの3つの場所ばしょでは毎年まいとし2ppmぐらいずつえていて、あと10ねんぐらいで420ppm以上いじょうになる可能性かのうせいがあります。

気象庁きしょうちょうは「もっと二酸化炭素にさんかたんそさないようにしなければなりません」とはなしています。