NHK News Web Easierイーシア

Single Story

村上むらかみ春樹はるきさんのあたらしい小説しょうせつ 午前ごぜんからみせもあった

Story illustration

世界せかいでも有名ゆうめい作家さっか村上むらかみ春樹はるきさんが24日にじゅうよっか、「騎士団長殺きしだんちょうごろし」というあたらしい小説しょうせつほんしました。

東京とうきょうにあるおおきな本屋ほんやでは、村上むらかみさんのほんっているひとのために午前ごぜんから特別とくべつみせけました。午前ごぜんになると、20にんぐらいのひとがすぐにほんってレジにならびました。ほんった大学生だいがくせい女性じょせいは「あたらしいほんのことをいたときからたのしみだったので、ないでむとおもいます」とはなしていました。

この本屋ほんやではあさまでほんむことができる場所ばしょつくって、毛布もうふあたたかいもの用意よういしました。

騎士団長殺きしだんちょうごろし」は、最初さいしょから130まんさつ印刷いんさつされました。本屋ほんやひとは「最近さいきんほんがあまりれません。村上むらかみさんのほん人気にんきがあるので、びっくりするくらいりたいです」とはなしていました。

See on NHK News Web Easy (if still available)