NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

テニスのウィリアムズ選手せんしゅ試合しあい反則はんそくになったのは差別さべつだ」

アメリカで8日ようかに、テニスの全米ぜんべいオープンの女子じょし決勝戦けっしょうせんがありました。大坂おおさかなおみ選手せんしゅがセリーナ・ウィリアムズ選手せんしゅって優勝ゆうしょうしました。

この試合しあいで、ウィリアムズ選手せんしゅ審判しんぱんにとてもおこって「泥棒どろぼう」とか「うそつき」といました。このため、ウィリアムズ選手せんしゅ反則はんそくをしたという理由りゆうで、大坂おおさか選手せんしゅ点数てんすうはいりました。ウィリアムズ選手せんしゅ試合しあいのあと「男性だんせい選手せんしゅ審判しんぱんに『泥棒どろぼう』とおおきなこえって反則はんそくになったことはいままでにない。女性じょせい差別さべつしているとおもう」といました。

この問題もんだいについて、むかし活躍かつやくしたテニスの選手せんしゅたちが賛成さんせい意見いけん反対はんたい意見いけんっています。世界せかいで1ばんになったことがある男性だんせいは「自分じぶんはもっとひどいことをっていた。男性だんせい女性じょせい反則はんそくかたちがうとおもう」とっています。しかし、つよくて有名ゆうめい選手せんしゅだった女性じょせいは「わたしたちはいつもルールのとおりにしていた」とっています。