NHK News Web Easierイーシア

Single Story

セブンーイレブンなどが使つかっているいろはじめて商標しょうひょうになる

Story illustration

品物しなものなどにいてあるマークや文字もじると、どの会社かいしゃつくった品物しなものかすぐにわかります。このマークなどを「商標しょうひょう」といます。くに役所やくしょ特許庁とっきょちょうは、おととしからおといろなども商標しょうひょうにできるようにしました。

特許庁とっきょちょうは3がつ1日ついたち、2つの会社かいしゃ使つかっている「いろ」をはじめて商標しょうひょうにしました。1つは、コンビニの会社かいしゃのセブンーイレブンが品物しなものみせ建物たてもの使つかっているいろです。しろとオレンジいろみどりあかせんわせています。もう1つは、文房具ぶんぼうぐ会社かいしゃのトンボ鉛筆えんぴつしゴムのカバーに使つかっているいろで、あおしろくろふとせんです。

特許庁とっきょちょうによると、いろ商標しょうひょうもうみはいままでに492ありました。2つの会社かいしゃいろは、日本にっぽんでよくられていて、品物しなものもたくさんられているため、商標しょうひょうにしたとっています。商標しょうひょうになったいろわせは、これからは2つの会社かいしゃだけが使つかうことができます。

See on NHK News Web Easy (if still available)