NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

やまへきのこをとりにったひとくなる事故じこつづいている

今年ことしなつ気温きおんたかくてあめおおかったため、やまではきのこがたくさんとれそうです。

しかし、長野県ながのけんではきのこをとりにったひとやますべってちたり、みちがわからなくなったりする事故じこつづいています。警察けいさつによると、8がつから10がつ4日よっかまでに15にん事故じこにあって、8にんくなりました。このなかには、1人ひとりできのこをとりにってくなった75さい男性だんせいもいました。

警察けいさつは、1人ひとりやまかないことや、やまからかえるまでの予定よてい家族かぞくつたえておくことが大事だいじだとっています。そして、やまではすべりやすくて危険きけん斜面しゃめんあるかないようにっています。