NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

保険ほけん会社がいしゃ人工衛星じんこうえいせい写真しゃしん使つかってあめ被害ひがい調しらべる

台風たいふうやたくさんのあめいえなどにみずはいったとき、保険ほけん会社がいしゃはそのいえなどへって、どのくらい被害ひがいがあったか調しらべています。このため、被害ひがいがあったいえなどが保険ほけんのおかねをもらうまでに1かげつ以上いじょうかかることがあります。

保険ほけん会社がいしゃ東京海上日動とうきょうかいじょうにちどうは、被害ひがいをできるだけはや調しらべるために、人工衛星じんこうえいせいった写真しゃしん使つかうことにしました。被害ひがいがあった場所ばしょ地面じめんたかさやみずながかたなどのデータも一緒いっしょ使つかって、いえなどにはいったみずふかさをコンピューターのAIが自動じどう計算けいさんします。AIの計算けいさんみずふかさが45cm以上いじょうになった場合ばあいは、会社かいしゃひと調しらべにかなくても、数日すうじつ保険ほけんのおかねをもらうことができるようになります。

日本にっぽん保険ほけん会社がいしゃ人工衛星じんこうえいせい写真しゃしん使つかうのははじめてです。