NHK News Web Easierイーシア

Single Story

東日本大震災ひがしにほんだいしんさいから6ねん これからも地震じしん津波つなみ注意ちゅうい必要ひつよう

Story illustration

マグニチュード9(M9)の地震じしんがあった東日本大震災ひがしにほんだいしんさいから6ねんになりました。しかし、東北地方とうほくちほう関東地方かんとうちほう太平洋たいへいようがわでは、いま時々ときどきおおきな地震じしんがあります。

地震じしんについて調しらべている政府せいふ委員会いいんかいによると、この地方ちほうでは、今年ことしがつまでの1ねんにマグニチュード4以上いじょう地震じしんが368かいありました。東日本大震災ひがしにほんだいしんさいのあとの1ねんくらべると、7%以下いかになりました。

しかし、東日本大震災ひがしにほんだいしんさいまえの10ねん平均へいきんで1ねんに136かいだったため、いまはまだ2ばい以上いじょうおおいことがわかります。去年きょねん11がつには、福島県ふくしまけんうみでマグニチュード7.4のおおきな地震じしんがありました。そして、仙台市せんだいしみなとたかさ1m44cmの津波つなみました。

委員会いいんかいは「東北地方とうほくちほう関東地方かんとうちほう太平洋たいへいようがわでは、これからもおおきな地震じしんたか津波つなみ心配しんぱいがあるので、注意ちゅうい必要ひつようです」とっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)